アカウント設定

管理コンソールにアクセスするためのアカウントを作成・管理します。


アカウントを追加する

管理コンソールの画面右上にあるアカウント名をクリックし、メニューリストから「アカウント設定」を選択します。

アカウント一覧

「追加」ボタンをクリックします。

アカウント設定

以下項目を入力します。

項目       必須 説明
アカウント Yes このアカウント利用者のメールアドレスを入力します。このメールアドレスには仮パスワードの発行通知メールなどを送信します。
氏名 Yes このアカウント利用者の氏名を入力します。
権限 Yes このアカウントの権限を選択します。サービス利用者はアカウント設定、お支払い、サービスプラン以外の全ての機能を操作することができます。レポート閲覧者は配信レポートのみを操作することができます。
言語 Yes このアカウントが使用する言語を指定します。自動判別はブラウザから自動的に言語を判定します。
タイムゾーン Yes このアカウントのタイムゾーンを指定します。タイムゾーンは管理コンソールで画面やCSVファイルに出力する日時に適用されます。
二要素認証 No このアカウントが管理コンソールにログインする際に二要素認証を行うかを選択します。チェックした場合、ワンタイムパスワード(OTP)による二要素認証を行います。ユーザは初回ログイン時にOTPを生成するための設定が必要になります。

「保存する」ボタンをクリックすると、アカウントが追加されます。


アカウントを編集する

アカウントをクリックすると編集ダイアログが表示されます。

アカウント編集

入力可能な項目を編集することができます。 項目を編集した後、「保存する」ボタンをクリックします。


仮パスワードを発行する

「仮パスワード発行」ボタンをクリックします。

仮パスワードが画面上に表示されます。

仮パスワード発行

発行した仮パスワードは、アカウントにメールで通知されます。


OTPキーを再発行する

「OTPキー発行」ボタンをクリックします。

OTPキーを再発行したアカウントは、次回ログイン時にOTPの再設定が必要になります。

OTPキーを再発行したアカウントでログインすると、直後にQRコードが画面に表示されます。 Google AuthenticatorなどRFC6238に準拠したOTPジェネレータでQRコードをスキャンしてください。 ジェネレータが生成したOTP(6桁の数字)を「ワンタイムパスワード」に入力し、 認証ボタンをクリックするとOTPの再設定が完了します。

OTP認証設定


アカウントをロックする

「このアカウントをロックする」をチェックし、「保存する」ボタンをクリックします。 このアカウントは管理コンソールにログインすることができなくなります。


アカウントを削除する

アカウント一覧の「削除」ボタンをクリックすると、確認ダイアログが表示されます。 ログインアカウントのパスワードを入力し、「削除する」ボタンをクリックするとアカウントが削除されます。