受信サーバ

メール送信に失敗した場合に宛先サーバから返信されるメール(バウンスメール)や、 Inbound Webhook を使って受信するメール(インバウンドメール)を受信するための設定を行います。

Standard プランでは、インバウンドの受信許可ドメインの設定のみが行えます。


受信サーバを設定する

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

サーバ構成一覧からサーバ構成をクリックします。

「サーバ設定」ダイアログが表示されます。

「受信サーバ設定」メニューをクリックします。

受信サーバ設定

以下の項目が表示されます。

項目       必須 説明
接続ポート Yes バウンスメールとインバウンドメールは、25番ポートから10026番ポートにフォワードして受信します。この値は変更できません。
最大接続数 Yes 受付可能なSMTPセッションの同時最大接続数を入力します。1-100の範囲で指定します。
受信間隔 Yes メールリレー元サーバからメールを受信する間隔(1通あたりの処理時間)をミリ秒で入力します。10-10000の範囲で指定します。
受信サイズ Yes 受信するメールのコンテンツサイズをKByte単位で入力します。
受信許可
ドメイン
No メール受信を許可するドメインを入力します。詳細は後述を参照してください。

「保存する」ボタンをクリックすると、設定が管理コンソールに保存されます。

受信サーバ設定でもリレーサーバ設定と同様に 受信流量制御受信サイズ制御 を行うことができます。


バウンスを受信する

バウンスメールを受信するための設定を行います。

初期設定

Pro

受信許可ドメインには、return.SUBDOMAIN.smtps.jp が登録してあり、「高度な設定」→「エンベロープFrom」 でドメインを return.SUBDOMAIN.smtps.jp に書き換える設定となっています。 このため、Customers Mail Cloudから送信したメールに対するバウンスメールは Customers Mail Cloudで受信する設定となっています。

メールリレー元サーバが設定したエンベロープFromにバウンスメールを返却したい場合、 エンベロープFromを「書き換えない」設定に変更してください。

Standard

バウンスメールの受信設定をサービス利用者が変更することはできません。 エンベロープFromのドメインパートを以下に書き換え、Customers Mail Cloudがバウンスメールを受信します。

サーバ構成 ドメイン
sandbox return.sandbox.smtps.jp
transactional-email return.te.smtps.jp

独自ドメインを使う

Pro

エンベロープFromに独自ドメインを使用することができます。以下の手順で設定を行います。

STEP1 : 独自ドメインの設計

バウンスメールを受信するためにエンベロープFromのドメインを設計する必要があります。 例えば、ヘッダFrom, エンベローブFrom 共に info@example.com を使用しているが、 info@example.com は通常の返信メールも受信している。または、@example.com ドメインは他に多くのアカウントを持つ メールサーバに割り当てたドメインである。といった場合、バウンスメールのみを受信するためにサブドメインを割り当てる必要があります。

変更前

項目 メールアドレス        
ヘッダFrom info@example.com
エンベロープFrom 設定無し

変更後

項目 メールアドレス        
ヘッダFrom info@example.com
エンベロープFrom info@return.example.com

STEP2 : MXレコードの設定

Customers Mail Cloudでバウンスメールを受信するために、エンベロープFromのドメインである return.example.com の MX レコードに SMTPホスト SUBDOMAIN.smtps.jp を登録します。 (この作業は return.example.com を管理するDNSサーバで行います)

STEP3 : 受信許可ドメインの設定

「受信サーバ設定」→受信許可ドメインの「バウンス」タブをクリックします。

エンベロープFrom のドメイン (この例では return.example.com) を入力します。

STEP4 : エンベロープFromの書き換え設定

「高度な設定」→「エンベロープFrom」で以下の設定を行います。

項目  
書換指定 「書き換える」を選択します。
設定値 エンベロープFrom のドメイン (この例ではreturn.example.com) を入力します。

インバウンドを受信する

Webhook を使うためにメールを受信する設定を行います。 このセクションではメールフォームなどのメール送信アプリケーションが送信したメールを Customers Mail Cloud の Inbound Webhook で受信する設定について説明します。

STEP1 : 宛先メールアドレスの設計

Inbound Webhook がメールを受け付けるために、宛先メールアドレスを決定します。

項目 メールアドレス        
宛先メールアドレス info@mailform.example.com

STEP2 : MXレコードの設定

Customers Mail Cloud でメールを受信するために、宛先メールアドレスのドメインとして割り当てた mailform.example.com の MX レコードに以下のSMTPホストを登録します。 (この作業は mailform.example.com を管理するDNSサーバで行います)

Standard

サーバ構成名     SMTPホスト
sandbox sandbox.smtps.jp
transactional-email te.smtps.jp

Pro

サーバ構成名        SMTPホスト
SUBDOMAIN SUBDOMAIN.smtps.jp

STEP3 : 受信許可ドメインの設定

「受信サーバ設定」→受信許可ドメインの「インバウンド」タブをクリックします。

宛先メールアドレスのドメイン (この例では mailform.example.com) を入力します。

STEP4 : Webhook設定

管理コンソールの画面右上にある「MENU」→「API設定」をクリックし、 「Webhook」タブ→「Inbound」タブをクリックします。

通知条件に以下を設定します。

項目   
ヘッダ名 To を入力します。
ヘッダ値 Inbound Webhook を処理する宛先アドレスの正規表現(この例では info@mailform\.example\.com)を入力します。

設定を保存する

「保存する」ボタンをクリックする、または、他の設定画面に遷移(メニュークリック、次へボタンクリックなど)した時点で入力した設定は保存されます。


設定を反映する

保存した設定はメールサーバに反映をした時点で有効になります。 他の設定も含めた全ての設定を管理コンソールに保存した後、 メールサーバにこの設定を反映してください。