受信サーバ

メール送信に失敗した場合に宛先サーバから返信されるメール(バウンスメール)や、 Inbound Webhook を使って受信するメール(インバウンドメール)を受信するための設定を行います。

Standard プランでは、インバウンドの受信許可ドメインの設定のみが行えます。


受信サーバを設定する

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

サーバ構成一覧からサーバ構成をクリックします。

「サーバ設定」ダイアログが表示されます。

「受信サーバ設定」メニューをクリックします。

受信サーバ設定

以下の項目が表示されます。

項目       必須 説明
接続ポート Yes バウンスメールとインバウンドメールは、25番ポートから10026番ポートにフォワードして受信します。この値は変更できません。
最大接続数 Yes 受付可能なSMTPセッションの同時最大接続数を入力します。1-100の範囲で指定します。
受信間隔 Yes メールリレー元サーバからメールを受信する間隔(1通あたりの処理時間)をミリ秒で入力します。10-10000の範囲で指定します。
受信サイズ Yes 受信するメールのコンテンツサイズをKByte単位で入力します。
受信許可
ドメイン
No メール受信を許可するドメインを入力します。詳細は後述を参照してください。

「保存する」ボタンをクリックすると、設定が管理コンソールに保存されます。

受信サーバ設定でもリレーサーバ設定と同様に 受信流量制御受信サイズ制御 を行うことができます。


バウンスを受信する

バウンスメールを受信するための設定を行います。

初期設定

Pro

受信許可ドメインには、return.SUBDOMAIN.smtps.jp が登録してあり、「高度な設定」→「エンベロープFrom」 でドメインを return.SUBDOMAIN.smtps.jp に書き換える設定となっています。

メールリレー元サーバが設定したエンベロープFromにバウンスメールを返却したい場合、 エンベロープFromを「書き換えない」設定に変更してください。

Standard

エンベロープFromのドメインを以下に書き換え、Customers Mail Cloudがバウンスメールを受信します。

サーバ構成 ドメイン
sandbox return.sandbox.smtps.jp
transactional-email return.te.smtps.jp

独自ドメインを使う

エンベロープFromに独自ドメインを使用する方法について説明します。

STEP1 : 独自ドメインを設計する

Customers Mail Cloudがバウンスメールを受信するために、エンベロープFromに使用するドメインを設計する必要があります。

例えば、ヘッダFrom, エンベローブFrom 共に info@example.com を使用しており、 @example.com は組織のメールアドレスを運用しているドメインである。 といった場合、通常のメールとバウンスメールの受信を分離する必要があるため、 エンベロープFrom にはヘッダFromのサブドメインを割り当てる必要があります。

変更前

項目 メールアドレス        
ヘッダFrom info@example.com
エンベロープFrom 設定無し(info@example.comを使用)

変更後

項目 メールアドレス        
ヘッダFrom info@example.com
エンベロープFrom info@return.example.com

STEP2 : MXレコードを設定する

エンベロープFrom を運用するドメインの MX レコード に受信サーバを登録します。 (この作業は 独自ドメイン を管理するDNSサーバで行います)

Standard

サーバ構成名     受信サーバ
sandbox sandbox.smtps.jp
transactional-email te.smtps.jp

Pro

サーバ構成名        受信サーバ
SUBDOMAIN SUBDOMAIN.smtps.jp

STEP3:SPFレコードを設定する

エンベロープFrom を運用するドメインに対して、Customers Mail Cloud が提供する SPF レコードを指定します。 SPFレコードの詳細は、SPFを登録するを参照してください。

STEP4 : 独自ドメインを設定する

エンベロープFrom に独自ドメインを設定するには2つの方法があります。

送信ドメイン設定

DMARCを運用するなど、ヘッダFrom ごとに エンベロープFrom のドメインを設定する必要がある場合、 「送信ドメイン設定」から エンベロープFrom の設定を行います。

高度な設定

Pro

Customers Mail Cloudを経由して送信するすべてのメールのエンベロープFromを一括して書き換える場合、 「高度な設定」から エンベロープFrom の設定を行います。

「送信ドメイン設定」で設定したエンベロープFromの書き換えは「高度な設定」の設定よりも優先されます。

STEP5 : バウンスを受信する

Standard

エンベロープFromに設定したドメインは自動的にバウンスを受信します。

Pro

「受信サーバ設定」→受信許可ドメインの「バウンス」タブをクリックします。

エンベロープFrom のドメイン (この例では return.example.com) を入力します。


インバウンドを受信する

Webhook を使うためにメールを受信する設定を行います。 このセクションではメールフォームなどのメール送信アプリケーションが送信したメールを Customers Mail Cloud の Inbound Webhook で受信する設定について説明します。

STEP1 : 宛先メールアドレスの設計

Inbound Webhook がメールを受け付けるために、宛先メールアドレスを決定します。

項目 メールアドレス        
宛先メールアドレス info@mailform.example.com

STEP2 : MXレコードの設定

Customers Mail Cloud でメールを受信するために、宛先メールアドレスのドメインとして割り当てた mailform.example.com の MX レコードに以下のSMTPホストを登録します。 (この作業は mailform.example.com を管理するDNSサーバで行います)

Standard

サーバ構成名     SMTPホスト
sandbox sandbox.smtps.jp
transactional-email te.smtps.jp

Pro

サーバ構成名        SMTPホスト
SUBDOMAIN SUBDOMAIN.smtps.jp

STEP3 : 受信許可ドメインの設定

「受信サーバ設定」→受信許可ドメインの「インバウンド」タブをクリックします。

宛先メールアドレスのドメイン (この例では mailform.example.com) を入力します。

STEP4 : Webhook設定

管理コンソールの画面右上にある「MENU」→「API設定」をクリックし、 「Webhook」タブ→「Inbound」タブをクリックします。

通知条件に以下を設定します。

項目   
ヘッダ名 To を入力します。
ヘッダ値 Inbound Webhook を処理する宛先アドレスの正規表現(この例では info@mailform\.example\.com)を入力します。

設定を保存する

「保存する」ボタンをクリックする、または、他の設定画面に遷移(メニュークリック、次へボタンクリックなど)した時点で入力した設定は保存されます。


設定を反映する

保存した設定はメールサーバに反映をした時点で有効になります。 他の設定も含めた全ての設定を管理コンソールに保存した後、 メールサーバにこの設定を反映してください。