配信優先度

Pro

任意のメールヘッダを指定し、どのメールを優先配送すべきかを設定することができます。 資料請求への確認メールなど即時性を必要とするメールが、 キャンペーンメールの配信により遅延するといった問題を解決することができます。


フィルタを確認する

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

サーバ構成一覧からサーバ構成をクリックします。

「サーバ設定」ダイアログが表示されます。

「配信優先度設定」メニューをクリックします。

配信優先度一覧

現在設定されているフィルタが一覧に表示されます。


フィルタを追加する

「追加」ボタンをクリックすると、新しいフィルタを追加することができます。

配信優先度フィルタ(追加)

ダイアログに以下項目が表示されます。

項目       必須 説明
フィルタ名 Yes このフィルタの名前を入力します。
ヘッダ名 Yes このフィルタの動作条件となるヘッダの名前を入力します。
パターン Yes メールヘッダ値を評価するための正規表現を入力します。詳しくはフィルタを参照ください。
優先度 Yes このフィルタが使用する優先度を入力します。1-99の範囲で指定してください。

「保存する」ボタンをクリックすると、設定が管理コンソールに保存されます。


優先度制御

Customers Mail Cloudは 1 から 99 の配信優先度を指定することができ、大きな数値を持つメールが優先的に配送されます。 優先度の指定の無いメールは、暗黙に優先度50として処理します。

配信優先度は、即時性が要求される少量のトランザクションメールをメールマガジンなどの大量配信メールよりも優先して配送する機能です。 メールマガジンに優先度を設定した場合、優先度の高いメールマガジンの配送が完了するまで、 優先度の低いメールマガジンが配送されなくなる可能性があります。

フィルタを編集する

フィルタ名をクリックすると、編集ダイアログが表示されます。

配信優先度フィルタ(編集)

項目を編集した後、「保存する」ボタンをクリックします。


フィルタを削除する

一覧の「削除」ボタンをクリックすると確認ダイアログが表示されます。

ログインアカウントのパスワードを入力し、「削除する」ボタンをクリックするとフィルタが削除されます。


設定を保存する

「保存する」ボタンをクリックする、または、他の設定画面に遷移(メニュークリック、次へボタンクリックなど)した時点で入力した設定は保存されます。


設定を反映する

保存した設定はメールサーバに反映をした時点で有効になります。 他の設定も含めた全ての設定を管理コンソールに保存した後、 メールサーバにこの設定を反映してください。