メールサーバの操作

Customers Mail Cloudは、複数のメールサーバを同じ設定で管理するためのグループを作成することができます。これを「サーバ構成」と呼びます。 メールサーバの操作は、「サーバ構成」単位に行います。


設定を反映する

管理コンソールから設定した各種設定は、「サーバ構成」に反映することで設定が有効になります。 以下の手順で「サーバ構成」に設定を反映します。

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

サーバ構成一覧

操作対象のサーバ構成の操作欄から「設定反映」ボタンをクリックします。

設定反映ダイアログ

設定反映ダイアログが表示されます。

「反映する」ボタンをクリックすると管理コンソールへ設定した内容がメールサーバに反映されます。

サーバ構成一覧の「状態」の表示が「更新中」である場合、管理コンソール上の設定がメールサーバに反映されていないことを示します。 設定反映を行い、メールサーバに設定が反映されると「状態」の表示が「運用中」となります。

設定をエクスポートする

Pro

管理コンソールから設定した各種設定は、設定ファイルとしてエクスポートすることができます。

以下の手順で「サーバ構成」から設定をエクスポートします。

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

操作対象のサーバ構成の操作欄から「EXPORT」ボタンをクリックします。

エクスポートダイアログが表示されます。

EXPORTダイアログ

「エクスポート」ボタンをクリックするとブラウザのファイルダウンロードダイアログが表示されます。

ダイアログの指示に従い、設定ファイル(zipファイル)をダウンロードします。


設定をインポートする

Pro

エクスポートした設定ファイルは、元のサーバ構成または他のサーバ構成にインポートすることができます。

以下の手順で「サーバ構成」に設定をインポートします。

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

操作対象のサーバ構成の操作欄から「IMPORT」ボタンをクリックします。

インポートダイアログが表示されます。

IMPORTダイアログ

ブラウザのファイル選択ダイアログからインポートする設定ファイルを選択します。

「インポート」ボタンをクリックすると設定ファイルのインポートを開始します。

DKIMの運用設定は以下の手順に従い手動で行う必要があります。

「サーバ構成」タブを表示します。

操作対象のサーバ構成のリンクをクリックします。= 「サーバ設定」ダイアログの左メニューにある「DKIM署名設定」をクリックします。

運用可能なセレクタのリストが表示されます。このサーバ構成で運用するセレクタをチェックします。

設定ファイルのインポートとDKIMの設定が完了した後、 この設定をメールサーバに反映するとこのサーバ構成の運用が開始されます。


メールを強制送信する

Pro

一時的なエラーにより送信できなかったメールは、再送間隔経過後の日時に配信予約されます。 エラーが解消された後に、強制送信を行うことで再送間隔の経過を待たずに直ちにメールを再送できます。

「サーバ構成」タブを表示します。

操作対象のサーバ構成の「強制送信」ボタンをクリックします。

強制送信ダイアログが表示されます。

強制送信ダイアログ(サーバ構成)

「強制送信」ボタンをクリックすると、強制送信が開始されます。

配信禁止時間帯設定に該当するメールは送信されません。