メール転送

フィルタに合致したメールのコピーを転送先メールアドレスに送信する、または、 宛先アドレスを転送先メールアドレスに書き換えて送信することができます。

本設定で転送したメールは、サービスプランの「月間配信数」に加算されます。

フィルタを確認する

管理コンソールにログインし、「サーバ構成」タブを表示します。

サーバ構成一覧からサーバ構成をクリックします。

「サーバ設定」ダイアログが表示されます。

「メール転送設定」メニューをクリックします。

「リレーサーバ」または「受信サーバ」タブをクリックします。

メール転送一覧

現在設定されているフィルタが一覧に表示されます。


フィルタを追加する

メール転送のフィルタは、送信(リレー)するメール、および、バウンスやインバウンドで受信するメールに対して設定することができます。

リレーサーバ

メール転送設定の「リレーサーバ」タブでは、送信するメールに対して、メール転送の動作を設定することができます。 例えば、商品購入の確認メールなどのシステムが送信したメールをコピーし、転送先メールアドレスで保存・参照することができます。

「追加」ボタンをクリックすると、新しいフィルタを追加することができます。

メール転送フィルタ(リレーサーバ・追加)

ダイアログに以下項目が表示されます。

項目       必須 説明
フィルタ名 Yes このフィルタの名前を入力します。
ヘッダ名 Yes このフィルタの動作条件となるヘッダの名前を入力します。
パターン Yes メールヘッダ値を評価するための正規表現を入力します。詳しくはフィルタを参照ください。
転送先アドレス Yes このフィルタが使用する転送先メールアドレスを入力します。
転送モード Yes 転送モードを指定します。詳しくは後述を参照ください。

「保存する」ボタンをクリックすると、フィルタが管理コンソールに保存されます。


転送モード

メール転送の動作は、「転送モード」で制御されます。

転送先にコピーする

受信したメールがメール転送フィルタにマッチした場合、このメールを宛先メールアドレスに送信し、 かつ、カーボンコピーを「転送先アドレス」に送信します。

転送先に宛先を変更する

受信したメールがメール転送フィルタにマッチした場合、このメールの宛先メールアドレスを「転送先アドレス」に書き換えて送信します。

「転送先に宛先を変更する」をチェックした場合、元の宛先メールアドレスにメールは届きません。

受信サーバ

メール転送設定の「受信サーバ」タブでは、バウンスやインバウンドで受信するメールに対して、メール転送の動作を設定することができます。 例えば、Customers Mail Cloud が受信したバウンスメールを特定のメールアドレスに転送することができます。

「追加」ボタンをクリックすると、新しいフィルタを追加することができます。

メール転送フィルタ(受信サーバ・追加)

ダイアログに以下項目が表示されます。

項目       必須 説明
フィルタ名 Yes このフィルタの名前を入力します。
ヘッダ名 Yes このフィルタの動作条件となるヘッダの名前を入力します。
パターン Yes メールヘッダ値を評価するための正規表現を入力します。詳しくはフィルタを参照ください。
転送先アドレス Yes このフィルタが使用する転送先メールアドレスを入力します。

「保存する」ボタンをクリックすると、フィルタが管理コンソールに保存されます。


インバウンドメールを転送する

「設定」→「受信サーバ」→「インバウンドを受信する」にて、 Customers Mail Cloud が受信するように設定したメールに対してフィルタを動作させます。 受信したメールがフィルタの条件にマッチした場合、指定したメールアドレスに転送します。

バウンスメールを転送する

バウンスメールは、エンベロープFrom アドレス宛に返却されます。 このルールを利用してバウンスメールを指定したメールアドレスに転送するフィルタを作成することができます。

Standard

Standardプランは、エンベロープFrom のドメイン部分を「@return.te.smtps.jp」に書き換えて、 バウンスメールが Customers Mail Cloud 宛に返却されるように制御しています。 バウンスメールを転送する場合は、以下条件のフィルタを作成します。

項目   
ヘッダ名 To を入力します。
ヘッダ値 .+@return\.te\.smtps\.jp

Pro

Proプランでは、エンベロープFrom の書き換えを設定することができます。 標準設定では、「@return.SUBDOMAIN.smtps.jp」に書き換える設定となっているため、 以下条件のフィルタを作成します。

項目   
ヘッダ名 To を入力します。
ヘッダ値 .+@return\.SUBDOMAIN\.smtps\.jp
Standardプラン、Proプランともに、 送信ドメイン設定などでエンベロープFromに独自ドメインを設定・運用している場合は、独自ドメインにマッチするようフィルタを作成してください。

特定のバウンスメールのみを転送する

エンベロープFrom のローカルパートを指定することで、特定のバウンスメールのみを転送対象とすることができます。 例えば、ヘッダFrom を、no-reply@example.com (取引メール)、brand-name@example.com (メールマガジン)として、 エンベロープFromのドメイン書き換えを設定している場合、 ローカルパートを指定したフィルタを作成することで、取引メールの送信で発生したバウンスメールのみを転送することができます。

項目   
ヘッダ名 To を入力します。
ヘッダ値 no-reply@return\.SUBDOMAIN\.smtps\.jp

フィルタを編集する

フィルタ名をクリックすると、編集ダイアログが表示されます。

メール転送フィルタ(編集)

項目を編集した後、「保存する」ボタンをクリックします。


フィルタを削除する

一覧の「削除」ボタンをクリックすると確認ダイアログが表示されます。

ログインアカウントのパスワードを入力し、「削除する」ボタンをクリックするとフィルタが削除されます。


設定を保存する

「保存する」ボタンをクリックする、または、他の設定画面に遷移(メニュークリック、次へボタンクリックなど)した時点で入力した設定は保存されます。

Pro

「高度な設定」->インテリジェントBCCを設定している場合、 リレーサーバのメール転送設定を使用することはできません。


設定を反映する

保存した設定はメールサーバに反映をした時点で有効になります。 他の設定も含めた全ての設定を管理コンソールに保存した後、 メールサーバにこの設定を反映してください。