APIユーザ

APIやSMTPインターフェイスにアクセスするためのユーザを作成・管理します。


APIユーザを追加する

管理コンソールの画面右上にある「MENU」→「API設定」をクリックします。

APIユーザ一覧

「APIユーザ」タブを表示し、「追加」ボタンをクリックします。

APIユーザ

以下項目を入力します。

項目       必須 説明
APIユーザ Yes APIのapi_user、および、SMTP認証のusernameに設定するIDを入力します。メールアドレス形式で入力してください。
APIキー Yes APIのapi_key、および、SMTP認証のpasswordに設定するシークレットキーを入力します。英数字を各1文字以上含む8文字以上の文字列を入力してください。
APIキー(確認) Yes APIキーと同じ値を入力します。
権限 Yes このAPIユーザの権限を選択します。APIグループ管理者は設定変更などデータ編集が可能なAPIを含む全てのAPIにアクセスできます。APIユーザはBounces, Deliveriesなどデータ参照・ダウンロードが可能なAPIにアクセスすることはできますが、データ編集は行えません。
操作権限 Yes このAPIユーザがメールアドレスを含むデータを参照またはダウンロードする許可を与えます。
アクセス権限 Yes このAPIユーザがHTTP-API、および、SMTPにアクセスする許可を与えます。
タイムゾーン Yes このAPIユーザが使用するタイムゾーンを指定します。タイムゾーンは、HTTP-APIへのリクエストパラメータ、レスポンスデータに適用されます。

「保存する」ボタンをクリックすると、APIユーザが追加されます。

SMTPのチェックをオンとしてAPIユーザを作成した場合、 メールサーバにこの設定を反映してください。


APIユーザを編集する

APIユーザをクリックすると編集ダイアログが表示されます。

APIユーザ編集

入力可能な項目を編集することができます。 項目を編集した後、「保存する」ボタンをクリックします。


APIキーを変更する

「APIキーを変更する」をチェックすると、APIキーの入力が可能になります。 新しいAPIキーを入力し、「保存する」ボタンをクリックするとAPIキーが変更されます。 SMTPがチェックオンである場合、 メールサーバにこの設定を反映してください。


アクセス権限を変更する

HTTP-APIのチェックをオフにするとHTTP-APIにアクセスすることができなくなります。 SMTPのチェックをオフにするとSMTPにアクセスすることができなくなります。 SMTPのチェックを変更した場合、 メールサーバにこの設定を反映してください。


APIユーザをロックする

「このアカウントをロックする」をチェックすると、HTTP-APIおよびSMTPにアクセスすることができなくなります。 SMTPがチェックオンである場合、メールサーバにこの設定を反映してください。


APIユーザを削除する

APIユーザ一覧の「削除」ボタンをクリックすると確認ダイアログが表示されます。 ログインアカウントのパスワードを入力し、「削除する」ボタンをクリックするとAPIユーザが削除されます。 SMTPがチェックオンである場合、 メールサーバにこの設定を反映してください。