Getting Started

このドキュメントは、Customers Mail Cloud を利用してメールを送信するために必要なセットアップについて説明します。


サインアップする

まずはじめに、サインアップ からアカウントを取得します。 アカウントは無料で取得することができ、Customers Mail Cloud をすぐに評価することがきます。


ログインする

アカウントを取得し、管理コンソールにログインしてください。


初期設定を行う

管理コンソールにログインすると、ダッシュボードのメッセージパネルに必要な設定項目のガイダンスがあります。 各設定項目の [設定する] リンクをクリックして設定を行います。


STEP1 : DKIMを設定する

Customers Mail Cloudを利用するためにDKIMによる送信ドメイン認証の設定を行います。 送信するメールのヘッダFrom(送信ドメインと呼びます)に対するDKIMキーを作成し、 送信ドメインを管理するDNSに公開します。

サービスプラン「Standard」は DKIMによる送信ドメイン認証が必須です。

DKIMキーを発行する

管理コンソールにログインし、「DKIM設定」タブを表示します。

「ドメインを追加する」ボタンをクリックします。

DKIMドメイン設定

送信ドメインを入力し、「保存ボタン」をクリックします。

「DKIMセレクタ」ダイアログが表示されます。

DKIMセレクタ設定


DKIMキーをDNSに登録する

管理コンソールが発行したDKIMキーを、送信ドメインを管理するDNSに公開します。 ここでは、Amazon Route53 での設定例を説明します。

Route53 DKIM

項目   
Name 「DKIMセレクタ」ダイアログのレコード名にある セレクタ._domainkey を入力します。
Type TXT を指定します。
Value 「DKIMセレクタ」ダイアログのレコード値を入力します。

DKIMキーを確認する

DNSにDKIMキーを登録した後、「DNSを確認」ボタンをクリックします。 管理コンソールがDNSに登録されたDKIMキーの参照に成功した場合、セレクタの「状態」が DNS登録済 となります。

DNS確認が失敗する場合は 「ダッシュボード」→「お問い合わせ」から作成したDKIMセレクタの情報をご提供ください。

DKIMの設定詳細については、「DKIMを設定する」を参照ください。


STEP2 : APIユーザを作成する

SMTPおよびAPIのアクセス認証を行うためにAPIユーザを作成します。

管理コンソールの画面右上にある「MENU」→「API設定」をクリックします。

APIユーザ一覧

「APIユーザ」タブを表示し、「追加」ボタンをクリックします。

APIユーザ

以下項目を入力します。

項目       必須 説明
APIユーザ Yes APIのapi_user、および、SMTP認証のusernameに設定するIDを入力します。メールアドレス形式で入力してください。
APIキー Yes APIのapi_key、および、SMTP認証のpasswordに設定するシークレットキーを入力します。英数字を各1文字以上含む8文字以上の文字列を入力してください。
APIキー(確認) Yes APIキーと同じ値を入力します。
権限 Yes このAPIユーザの権限を選択します。APIグループ管理者は設定変更などデータ編集が可能なAPIを含む全てのAPIにアクセスできます。APIユーザはBounces, Deliveriesなどデータ参照・ダウンロードが可能なAPIにアクセスすることはできますが、データ編集は行えません。
操作権限 Yes このユーザがメールアドレスを含むデータを参照またはダウンロードすることを許可します。
アクセス権限 Yes このユーザがHTTP-API、および、SMTPにアクセスすることを許可します。

「保存する」ボタンをクリックすると、APIユーザが追加されます。


STEP3 : 設定をメールサーバに反映する

設定したDKIMとAPIユーザの運用を開始するため、以下の手順で設定をメールサーバに反映します。

管理コンソールの画面右上にある「MENU」→「サーバ構成」をクリックします。

操作対象のサーバ構成の操作欄から「設定反映」ボタンをクリックします。

サーバ構成一覧

設定反映ダイアログが表示されます。

「反映する」ボタンをクリックすると管理コンソールへ設定した内容がメールサーバに反映されます。


STEP4 : SPFを設定する

携帯キャリアにメールを送信する場合、ヘッダFrom (差出人アドレス)のドメインを管理するDNSに、 Customers Mail Cloud が提供するSPFレコードを設定します。 SPFの設定詳細については、「SPFを設定する」を参照ください。

Stndard プランでは、エンベロープFrom へのSPFは設定済みです。 エンベロープFrom に独自ドメインを利用する場合(サービスプラン Pro のみ)は、 そのドメインを管理するDNSに Customers Mail Cloud が提供するSPFレコードを設定します。


メールを送信する

SMTPまたはAPIを使用してメールを送信することができます。


ホスト名

サービスプランにより接続するSMTPホスト名を以下の通り指定してください。

Standard

sandbox

無料トライアルでは、sandboxと呼ぶメールサーバを利用することができ、以下のエンドポイントに接続することができます。

SMTP接続

項目 値                 
SMTPホスト名 sandbox.smtps.jp
ポート番号 10025

API接続

項目 値                 
エンドポイントURL https://sandbox.smtps.jp/api/v1/emails/send.json

transactional-email

有料プランでは、transactional-emailと呼ぶメールサーバを利用することができ、以下のエンドポイントに接続することができます。

SMTP接続

項目 値                 
SMTPホスト名 te.smtps.jp
ポート番号 10025

API接続

項目 値                 
エンドポイントURL https://te.smtps.jp/api/v1/emails/send.json

Pro

サービスプラン Pro では、占有型のメールサーバを利用することができ、以下のエンドポイントに接続することができます。

SMTP接続

項目 値                 
SMTPホスト名 SUBDOMAIN.smtps.jp
ポート番号 10025(または 25)

API接続

項目 値                 
エンドポイントURL https://SUBDOMAIN.smtps.jp/api/v1/emails/send.json

*) SUBDOMAINは、サービス利用開始時に任意のドメイン名を付与します。

SMTP接続の詳細ついては、Postfixによるメールリレー設定を参照ください。 API接続の詳細については、Email Sending APIを参照ください。


より詳しく知る

基本的なセットアップが完了し、SMTPでメールが送信できるようになったら以下のドキュメントを参照ください。

ユーザガイド

管理コンソールの使用方法やサービス仕様について説明しています。 Customers Mail Cloudで出来ることを詳しく知りたい方はこのドキュメントをご覧ください。

APIリファレンス

APIの使用方法やインターフェイス仕様について説明しています。 APIについて詳しく知りたい方はこのドキュメントをご覧ください。

システム連携

Postfix, Java, PHP, Python など既存アプリケーションをSMTPインターフェイスで接続する方法など、 Customers Mail Cloudとシステム連携するための具体的なノウハウを説明しています。